当社の取り組み

page top 開発ツール

当社では作業効率・業務改善のために様々なツールの開発及び、システムを導入しています。

スマートフォンに対応したPLCモニターアプリ(iOS、Android対応)

大きい設備になると、20メートルを超える場合があります。
I/Oチェック行う場合、シーケンサー設置場所とセンサー設置が離れている場合ほとんどです。
その不便さを解消したくて、このアプリケーションを開発しました。

page top 社会貢献

田中電機の電気じゃない挑戦 - 社会貢献プロジェクト

初めから作業服で移動できたら…
social

数年前、出張で鹿児島によく行っていました。大阪伊丹空港から鹿児島空港へ、そして、そのまま現場へ直行していました。作業服を着たまま、大阪から鹿児島まで移動する考えはなく、毎回、鹿児島空港で私服から作業服へ着替えていました。 そして、着替えはいつもトイレでした。 トイレには着替える人が多いのか、靴を脱いで着替えやすいように板が設置していましたが、 “なぜ着替えないといけない?初めから作業服で移動したらどうなっていた?”と疑問を抱いていました。現在、会社代表となり、“働きやすい環境・働きたくなる会社”にしたいと思い何か方法は無いかと模索していました。 その時に、鹿児島空港での思いが頭をよぎり、“作業服のまま、飛行機に乗れるデザインにしよう!”と思いました。 しかし、市販の作業服はどれもよく似たデザインです。

保護司として

当社の会長(母親)が保護司活動で藍綬褒章を受章しました。その受賞にあたる経緯を話していた時、 保護司の社会貢献の一環として、当社が協力雇用主に登録していると聞きました。 当社の業務は専門性が強く現実問題として受け入れは難しいのでは?と考える様になりました。そこで、 何か違う方法で社会貢献が出来ないかと考えた時に、作業服の製作に目を向けました。 作業服であれば、必ず社員が着用します。 明らかに使用する人物が決まっているので、必ず必要で且つ、使用する物を製作するといった事が一番の社会貢献ではないかと考えました。

デザインも学生に依頼しよう!
social

"社会貢献を念頭に置いた活動なら、デザインも学生に依頼しよう!"
昨年より、産学連携やインターンシップに興味があったことも影響しています。 学生が社会人になった時、少しでも実践経験があるほうが良いはずです。 実際に使用する作業服のデザインを依頼することで、実践経験を体感してほしいと考え、学校へ依頼しました。 縫製は、釧路刑務所・松山刑務所に出向き、事情を説明して製作の許可を頂きました。 デザインは、大阪文化服装学院様で製作中です。

2018年3月20日
大阪府 MOBIOにて作業服のデザインを依頼出来る学校を紹介して頂く

2018年4月5日
元 地域協力雇用主会長:山田様に刑務所での縫製先を相談

2018年4月11日
作業服の製作可能な刑務所の紹介を依頼する為、山田会長様と大阪矯正管区を訪問

2018年5月9日
MOBIOで紹介して頂いた学校へ訪問

2018年7月2日
自社でアポイントメントを取った専門学校を訪問

2018年7月4日
アポイントメントを取った大阪文化服飾専門学校様に作業服デザイン依頼の件で訪問

2018年7月20日
作業服製作の件で釧路刑務所を訪問

2018年8月7日
作業服製作の件で松山刑務所を訪問

2018年9月26日
デザインを大阪文化服飾専門学校様に決定

2018年10月16日
デザインをご依頼するにあたり、機能性などを考慮する為、20名近くの大阪文化服飾専門学校の学生(2年生)様が実際の電気工事作業を見学に工場を訪問

social social

2018年11月19日
大阪文化服飾専門学校にてデザインコンテストを開催

2019年2月6日
作業服のパターンが完成し最終調整の為、試着

social social social

ページトップへ

© Copyrights 2015 tanaka electric & CORPORATION All Rights Reserved.