2016年11月16日

Microsoft MVP Global Summit に参加してまいりました

PCソフトウェアを担当しております、坂本 純一です。

今年4月にマイクロソフトMVPアワード受賞を本ブログサイトにてご報告させていただきましたが、さて、そのMVPアワードの特典のひとつとして、毎年1回、米国レドモンドのマイクロソフト本社で開催される「Microsoft MVP Global Summit」というカンファレンスイベントへの参加資格が与えられます。

これは世界各国のマイクロソフトMVPアワード受賞者が一堂に会し、新技術の習得や技術情報の交換、マイクロソフトへのフィードバックや、MVP同士の親睦を深める、そのようなイベントです。

今年は拡張セッションまで含めると(現地時間)11月7日~11日の5日間に渡って開催され、私も参加してまいりました。

ということで、セッション内容や技術情報については機密保持の関係もありますのでここに記すことはできませんが、それ以外の MVP Global Summit 参加の様子を少しばかりお伝えしたいと思います。

会場

今年の MVP Global Summit のセッション会場は、米国ワシントン州レドモンドにある米マイクロソフト本社施設で行われました。
ご承知の方も多いと思いますが、米マイクロソフト本社は「キャンパス」と呼ばれているように多数のビルが立ち並ぶ広い敷地に成り立っています。
マイクロソフト MVP アワード受賞者はそのの受賞カテゴリによって MVP Global Summit セッション会場が違うビルであったりします。

自分の場合は、ほとんどのセッション会場が、ビルディング33「カンファレンスセンター」と呼ばれているビルで開催されました。

Microsoft Corp. Building 33 / Conference Center

Microsoft Corp. Building 33 / Conference Center

ビル内は大小さまざま複数の部屋に分かれており、このビルだけでも同時間に並行して10トラック前後のセッションが実施されます。

ビル内の様子

ビル内の様子

とあるセッション枠では、各自持参のノートPCで実際に手を動かしてのプログラミングの学習を行ったりしました。
世界中から人々が集まる中、このようなコンピュータ業界では英語が標準語となります。しかし自分はあいにくと英語の聞き取りがうまくできず、何度も聞き返すことが多かったのですが、それでも周りの MVP 達は親切に会話してくれました。
またこのセッションでは、この界隈での重鎮に直接手ほどきを受けるなど貴重な体験を得ることができました。

イベント期間中は昼食もこの会場内で提供され、ほぼ缶詰め状態です。
主なセッション最終日には、ピザ焼きの窯がビル横に出張(!)してきて、その場で焼き上げたピザが昼食として提供されました。

昼食用のピザを焼いているところ

昼食用のピザを焼いているところ

さて先に書いたとおり、マイクロソフト “キャンパス”内の他のビルに移動するには、もちろん徒歩でも構わないのですが、敷地が広いですから、歩くと20~30分かかる移動も少なくありません。
そのため、キャンパス内ではシャトルバスが運行しています。

キャンパス内のシャトルバス停留所

シャトルバス停留所

キャンパス内を走るシャトルバス

キャンパス内を走るシャトルバス

マイクロソフトキャンパスには「ビジターセンター」と呼ばれる、来訪者向けのビルもあります。

ビジターセンター

ビジターセンター

ビジターセンター内には各種展示物のほか、マイクロソフト関連のグッズを販売している「カンパニーストア」があります。
カンパニーストア入り口ではゲーム「HALO (ヘイロー)」の実物大フィギアがお出迎え。

HALO の実物大フィギア

HALO の実物大フィギア

この奥がカンパニーストアの区画です。
ステッカー、ノート、カップ、チョコレート、シャツ、ジャケット、パーカー、バッグ、USB 小物、ゲームのフィギュア、etc… いろいろ売っています。

カンパニーストア

カンパニーストア

宿泊

宿泊はマイクロソフトキャンパスがあるレドモンドではなく、そこから車で10分少々離れたベルビューというところで普通のホテルでの宿泊となります。
ざっくり 2,000人超の参加者があるとのことで(出典)、全参加者がひとつのホテルで泊まるのではなく、ベルビュー市内のあちこちのホテルにばらけての宿泊となります。
宿泊先ホテルのひとつ、参加受付や懇親会にも使われる拠点的な Hyatt Regency Bellevue では、「Welcome MVPs!」の横断幕が掲げられていました。

Welcome MVPs! の横断幕

Welcome MVPs! の横断幕

ベルビューの主要宿泊先ホテルとレドモンドのマイクロソフトキャンパスとの間は、サミット期間中、朝と晩に専用のシャトルバスが運行するので、それに乗って宿泊と会場とを行き来します。
セッションは朝8:00から始まるので、朝6:30頃から動き始めたりします。

朝のベルビュースクウェア付近

朝のベルビュースクウェア付近

ベルビューは米マイクロソフト本社のおひざ元ということもあるのでしょうか、”Microsoft” のロゴをちらほらと見かけます。

夜のビルに浮かび上がる "Microsoft" の電飾

夜のビルに浮かび上がる “Microsoft” の電飾

まとめ・感想

以上、Microsoft MVP Global Summit 参加のご紹介でした。

自分の感想としては、いろいろな技術習得・吸収ができるいい機会であったことに加え、マイクロソフト本社の関係者に直接問い合わせしたりフィードバックしたりできる貴重な機会となりました。
今回のサミット参加で得た知識と経験を、うまくお客様の問題解決に活用できるようになればと思います。

HackathonGroup-cropped

とあるセッション最後での集合写真 (出典: https://blogs.msdn.microsoft.com/webdev/2016/11/22/mvp-hackathon-2016/)

 

 

 

© Copyrights 2015 tanaka electric & CORPORATION All Rights Reserved.