田中電機について

当社は創業以来、めっき業界を中心にめっき装置の全自動化を主な業務としています。

皆さんの身の回りの物には、この”めっき”が施された製品が多く存在します。
例えば、自動車に使用される、”マフラー”、”ホイール”又は、”ねじ、ボルト”などが身近なのかも知れません。
見えない部品では、スマートフォンやパソコンに使用される電子部品がそれに当たり、”めっき”が無ければ作れない製品です。

このように、現代の生活には欠かすことの出来ない”ものづくり技術”を支えている会社です。
私たちが手掛ける装置は、主に電子部品メーカー様や、自動車部品メーカー様に導入されています。

page top 電気制御とは

想像ができないかもしれませんが、電気でもプログラム開発があります。
例えば、電気でモーターを動かす場合、モーターのON/OFFを切り替える為のプログラムを作ります。
いわゆるラダー回路といわれるものです。

ラダー図

田中電機工業の業務内容

page top 当社の強み

当社はめっき装置のシーケンス制御を行う会社です。
年間10件程度の新規めっき設備を立ち上げています。
創業当事、国内にシーケンサー(PLC)がなく、
リレー回路を駆使して制御盤を設計してきました。
リレー回路での出来る範囲が限られる中で、お客様のご要望に応じてきました。

そして制御の中心はシーケンサー(PLC)へと代わり、
制御にデータが扱えるようになりました。
それに伴い、パソコンを使用した生産管理システムの導入を開始しました。

今では生産管理システムも標準仕様となり、ほとんどの設備に導入しています。
近年では品質管理も強化され、トレーサビリティー(Traceability:追跡管理)や、エビデンス(Evidence:証拠管理)を重視した生産管理システムの導入事例も増えています。

このように、当社では創業当時のリレー回路でめっき装置の制御を設計してきた経験が、現在の田中電機工業株式会社の技術力に繋がっていると確信しています。

page top 部門・スタッフ紹介

電気設計技術部(自動車関連担当)
庄田 剛正

庄田 剛正

担当業務

亜鉛めっき装置、酸洗装置、脱脂装置等

担当業務について

ここ十数年、自動車業界に納入される亜鉛めっき装置のシーケンス制御を担当しています。近年、使用するPLCとして、オムロン(CJシリーズ)が多いです。
試運転では問題が発生した場合、即座に対応できるような設計を心がけています。

電気設計技術部(半導体関連担当)
繁昌 良英

繁昌良英

担当業務

無電解めっき装置、Cuめっき装置、Auめっき装置、Niめっき装置等

担当業務について

無電解めっき装置は主に、半導体業界に納入されています。
AutoCADを使用した制御盤設計、三菱(Qシリーズ)、オムロン(CJシリーズ)PLCを使用したラダーによるシーケンス制御設計を行っています。
この業界の設備は、装置に付属する機器が多く、その為、設計に多くの時間を費やしますが、完成した時の喜びは大きいです。

電気工事技術部
西川 敏行(第三種電気主任技術者)

西川 敏行

担当業務

設備電気工事 全般

担当業務について

当社では、めっき装置が主です。
めっき装置では薬品を扱うため、使用する工事材料も耐水性や耐酸などを考慮した材料選びに始まり、環境を重視した工事を心がけなければなりません。
装置本体も大きく、工事期間としては概ね20日間程度です。

札幌システム開発技術部
坂本 純一(Microsoft MVPアワード受賞者)

坂本 純一

担当業務

社内インフラ担当、社内ツール開発、生産管理システム開発など

担当業務について

Windowsパソコン上で動くデスクトップアプリから、クラウド上に配置してPCやスマホのブラウザで開くWebアプリケーション、さらにはスマホのネイティブアプリまで、コンピュータソフトウェアを広く開発します。
とくにWebアプリ開発や、デスクトップアプリにおいてもHTMLベースで構築することを得意とします。

お問い合わせ先

田中電機工業株式会社
〒570-0012
大阪府守口市大久保町3丁目21-31

(06)-6901-3863(代表)

© Copyrights 2015 tanaka electric & CORPORATION All Rights Reserved.